黒ずみクリームおすすめランキング

定評のある黒ずみクリームはコレ!

 

イビサクリーム

 

女性誌に数多く掲載された実績がある!

 

ヒアルロン酸やグリセリンなど刺激が少なくて安全な保湿成分を使用!

 

着色料や鉱物油など肌に負担になる成分は使っていません。

 

国内工場で品質管理されているので安心!

 

持ち運びに便利なコンパクトサイズ!

 

黒ずみクリームだとわからないパッケージも人気の秘訣♪

 

 

 

ハーバルラビット

 

ファッションモデルの田母神智子さんも愛用!

 

コンビニ後払いでもOK!

 

60日間の返金保証があるから安心!

 

 

 

 

ホスピピュア

湘南美容外科が監修している乳首専用の黒ずみクリーム!

 

美白ケアにはトラネキサム酸、保湿ケアにはスクワランやシアバターを配合!

 

会員ランク制度でリピするほどお得!

 

 

 

 

ヴィエルホワイト

プッシュ式スケルトンボトルで衛生的!

 

無添加で低刺激だからお肌の弱い人でも安心!

 

初回お試しは980円から!

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

クチコミ総選挙AWARDで美白部門受賞!

 

3種類の生・水溶性・油溶性ビタミンC配合。

 

定期便なら通常価格より4,000円もお得♪

 

 

 

黒ずみによる悩みを抱えている人は多い

肌の黒ずみは一回気になってしまうと、コンプレックスになりやすいものです。

 

黒ずみは自然に治るものではないので、放っておくとますます症状が悪化するケースも多いので、時間と共に余計に深刻になりやすいのも特徴です。

 

黒ずみは薄いうちにちゃんと対応すれば、専用の黒ずみクリームで改善は可能です。

 

しかし、黒ずみが濃くなってしまい、どうにもならないような状態から黒ずみクリームを使っても、なかなか結果は出にくいのです。

 

軽い黒ずみのうちは、黒ずみクリームで治すことができるチャンスの時期!

 

出来るだけ早く黒ずみクリームを使い始めて、黒ずみが濃くなることを防ぐことが大事です。

 

一度重症化してしまった黒ずみについては、残念ながら黒ずみクリームのケアだけでは、完全に改善することは難しいと言われています。

 

黒ずみクリームでも解消できないようなひどい黒ずみについては、美容皮膚科でのレーザー治療が有効とされています。

 

しかし、美容皮膚科での治療は、1回の治療費が高く、黒ずみクリームを使用するよりも、高くついてしまう可能性があります。

 

安く黒ずみを改善したいのであれば、まだまだ黒ずみがひどくならないうちに、専用の黒ずみクリームでケアして、改善していくことがポイントです。

 

 

 

肌に合わなければ返金保証を利用してみよう!

特にネット通販の黒ずみクリームがおススメな理由は、『返金保証』を行っている点です。

 

ドラッグストアなどで商品を購入した場合、返金や返品ができるのは『未開封』の状態。

 

一度開封してしまえば、返金や返品ができないとするところが多いだけに、開封してちゃんと肌に試した後でも返金・返品ができるネット通販の黒ずみクリームは、肌荒れが心配な人にとって、非常に安心感があります!

 

ネット通販の黒ずみクリームなら、指定期間内であれば、開封後でも返品が可能なので、敏感肌の人や乾燥肌の人も、挑戦しやすいはずです!

 

黒ずみクリームは、乳首などのデリケートな部分に使用することも多いので、肌に合わない場合、その黒ずみクリームは単なるゴミになってしまいます。

 

でも、黒ずみクリームって、1本5000円くらいしたり、結構高い商品もあります!

 

肌に合わないからと、簡単に諦めがつかない人もいます。

 

そんな人でも、返金保証があれば、『失敗を気にしないで挑戦できる』ので、黒ずみクリームの購入のハードルが下がります。

 

気になっているのに、失敗が怖くてなかなか黒ずみクリームが買えないと言う人は、是非ドラッグストアなどではなく、ネット通販の返金保証がある黒ずみクリームに挑戦してみることをおススメします。

 

 

 

長期使用を見据えての定期便

そして最期に、黒ずみクリームは、1日や2日、1週間程度では結果はなかなか出ません!

 

黒ずみクリームの効果は、個人差がありますが、通常は数か月かかるのが一般的です。

 

そのため、黒ずみクリームは『リピ買いが必須』なんです。

 

1本使用しただけでは、やはり効果はなかなか出ません。

 

数本使用した段階で、効果を感じ始める人が多いので、できるだけ安くリピすることが需要になってきます。

 

黒ずみクリームって、単品購入すると、1万円近くする標品も少なく、高くてなかなか手が出しにくいですよね。

 

でも、ネット通販でよく見かける『定期購入』を利用すれば、黒ずみクリームを格安でゲットできるので、効果が出るまでの数か月、お財布に優しくリピできます!

 

黒ずみクリームの難点は、『効果が出る前に経済力が尽きて挫折しやすい事』

 

やっぱり、毎月1万円の出費となると、2、3カ月でも続けるのが苦しくなってくる人は多いです。

 

でも、定期便だったら半額程度になるので、経済的な負担が一気に楽になります!

 

黒ずみクリームは最初から『リピ必須』だとわかっているので、やはり最初から安く継続できる方法というのを考え、計画して購入する必要があります。

 

効果のある黒ずみクリームと効果のない黒ずみクリームの違いとは?

ダメな黒ずみクリームは角質層までしか浸透しない!

数ある黒ずみクリームがありますが、効果がある黒ずみクリームと効果がない黒ずみクリームがあります。

 

2つの黒ずみクリームの違いは『浸透力』に違いがあります。

 

効果がない黒ずみクリームは、肌の表面にしか浸透しないため、メラノサイトの発生を抑制することが出来ません。

 

表面的な部分だけしか黒ずみクリームの効果が発揮されないので、根本的な黒ずみ治療にはならないのです。

 

化粧水でも、優秀な化粧水は『浸透力』が良く、肌を奥から潤す力を持っています。

 

肌を奥から潤す力を持たない化粧水は、どんなに保湿成分をたっぷり含んでいても、肌の表面に塗っているだけで、インナードライになってしまいがちです。

 

黒ずみクリームも、化粧水と同じように、『肌の奥への浸透力』というのが、非常に大事になのです。

 

浸透力をよくするための処方が、ちゃんと黒ずみクリームにされているか?

 

それが、黒ずみクリームを選ぶときには、非常に重要になってくるのです。

 

少し高い黒ずみクリームは、角質層の奥までしっかり浸透するように作られている事が多く、安い黒ずみクリームとの大きな違いになっています。

 

黒ずみクリームは成分も大事なのですが、それ以上に、浸透力が良いかどうかも大切です。

 

成分との相性は最悪の場合、合わなければ返金保証を受ければ良いですが、浸透力の悪い黒ずみクリームは、どうしようもありません!

 

かなり使った後に「効果がなかった」と後悔することになってしまいます。

 

 

 

重要なのは基底層まで届くか!

メラノサイトが発生するのは基底層と呼ばれる、角質層の更に奥!

 

そのため、基底層まで黒ずみクリームが浸透しないと、根本的な解決にはなりません。

 

黒ずみクリームを選ぶ時には、基底層までしっかり成分が届くように作られているかどうかを確認してみましょう。

 

成分の事ばかりで、肌への浸透について何も書かれていないような黒ずみクリームは要注意です。

 

どんなに良い成分を使っていても、浸透力が悪ければ、有効成分を十分に生かすことはできません!

 

メラノサイトの発生を抑制させるために、しっかり黒ずみクリームが浸透することが何よりも大事です。

 

優秀な黒ずみクリームは、肌の奥までしっかり浸透するように独自の処方がされているため、効果が出やすくなっているのです。

 

肌の奥へ浸透している感じがない黒ずみクリームは、いつまで使用しても、黒ずみを解決することが出来ません。

 

良い黒ずみクリームを見つけるには、やはり浸透力を見極めることが大事になってきます。

 

肌の奥までしっかり浸透する処方になっている黒ずみクリームは、多少高価ですが、安い黒ずみクリームにはない浸透力があるため、黒ずみを根本的に解決する効果が期待できます。

 

これまで黒ずみクリームを使っていても、あまり効果がなかったと言う人は、浸透力の良くない黒ずみクリームを使っていた可能性があります。

 

 

黒ずみクリームはどのくらいで効果が出る?

平均的に90日

黒ずみクリームを使い始めてから効果が出るまで、一体どのくらいの期間がかかるのか気になりますよね。

 

平均的に、黒ずみクリームを使ってから90日間で効果を実感する人が多いです。

 

つまり、1カ月だけ黒ずみクリームを使っても、残念ながら十分な効果を得られないケースが多いのです。

 

黒ずみクリームで効果がなかったと言う人の中には、たった1本で黒ずみクリームの効能を判断してしまう人もいます。

 

でも、たった1本で黒ずみの悩みが解決されるのであれば、こんなに現在黒ずみで悩んでいる人はいないわけです!

 

黒ずみを取るというのは、それだけ難しい問題です。

 

美容皮膚科のレーザー治療で改善する方法もありますが、やはり黒ずみクリームだけで解決するのであれば、それなりの時間がかかることは覚悟をしないといけません。

 

黒ずみクリームで効果を感じたと言っている人の多くは、90日以上の使用が多いので、やはり根気よくケアをしていく必要があります。

 

たった1カ月だけ黒ずみクリームを使うつもりであれば、正直それはあまり意味がないケアになってしまう可能性があります。

 

黒ずみクリームに定期便が多いのは、それだけ長期戦になるということです。

 

経済的にも、ある程度のお金がないと、黒ずみケアは難しいので、少しでも安くケアするためには、やっぱり定期便をしっかり最初から使った方が長期的に見て損をしない可能性が高いです。

 

 

 

リピするなら断然定期便がお得

一回使用しただけで即効性がある商品の場合は、単品購入が良いですが、黒ずみクリームのように、長期戦になることが予想されている商品の場合、定期便を使用しないと、高くついてしまいます!

 

定期便は黒ずみクリームによって、割引率が異なりますが、基本的には30%〜50%くらいの割引があります。

 

そのため、黒ずみクリームの効果が実感できるようになってくる90日間利用する予定であれば、最低でも3カ月で3回くらいはリピする必要が出てきます。

 

単品購入を3回するのと、定期購入を3回するのでは、金額的に大きな差が出てきます。

 

黒ずみクリームの単品購入がきつくて、途中で挫折してしまう人も少なくありません!

 

最初は1万円くらい出せるかもしれませんが、黒ずみクリームを長期使用すると、その1万円が非常に大きな負担に感じられるようになってきます。

 

そのため、最初から単品購入ではなく、定期便にする方が、やはり経済的に節約できます。

 

ただし、定期便は解約できるまでに必要となる購入回数が決められていますので、しっかり事前に契約内容を読むことが大事になってきます。

 

定期便の内容をあんまり読まないでテキトウに契約してしまうと、やっぱり後になってから、「知らなかった!」とトラブルになることもあります。

 

定期便トラブルは最近急増していますが、ほとんどが事前に契約内容をしっかり読んでいなかったことが原因ですので、契約内容を確認するっていうことが重要です。

脇の黒ずみの原因は?

ムダ毛の自己処理が原因

脇の黒ずみの原因は、ムダ毛の処理が大きく影響しています。

 

自己処理の場合、頻繁にムダ毛をカミソリなどで剃ったり、ワックスで抜いたりするので、皮膚への刺激を強く受けることによって、防御反応からメラニン色素が過剰分泌されることによって、黒ずみへと発展してしまうのです。

 

黒ずみを作らないためには、肌に刺激を与えないことが一番大事になってきます。

 

しかし、ムダ毛って、毎日ちょっとずつ伸びているので、やっぱり2、3日放っておくこともできません。

 

特に露出が増える、夏場の場合は、ムダ毛の処理をしないと、外に恥ずかしくて出れません!

 

心の中では、毎日のムダ毛処理が黒ずみに良くないというのはわかっていますが、それでも処理をしないと、身だしなみとして、格好がつかないという部分もあるので、女性にとっては、板挟みになってしまいます。

 

脇の黒ずみを改善するためには、やっぱりできるだけムダ毛処理の回数を減らすというのが大事になってきます。

 

ムダ毛の処理の回数を減らすと言う意味では、カミソリを使った除毛よりも、ブラジリアンワックスなどの方が、回数は減らすことが出来ます。

 

しかし、ブラジリアンワックスも、はがす時の刺激に耐えられず、体質に合わない人もいます。

 

どんな方法を使っても、やっぱり脱毛は大きな肌への大きな負担になるので、黒ずみ対策をする時には大きな問題になってしまいます。

 

 

加齢が原因

更に脇の黒ずみがひどくなるのは、『加齢』です。

 

年を取ると、多くの人は、代謝が悪くなり、その結果、肌の再生(ターンオーバー)が上手くいかなくなってしまいます。

 

肌の再生を促すためには、古い角質はピーリングなどで落とし、しっかりと保湿をして肌が生まれ変わるサイクルをキープすることが大事になってきます。

 

若い頃は、代謝が活発なので、肌が再生させる期間も短いですが、年を取って代謝が落ちると、肌の再生期間も長くなってきます。

 

肌の再生期間が長くなるということは、それだけ肌に出来てしまったシミや傷跡、黒ずみの改善も長引くことを意味します。

 

肌の再生が上手くいかない人は、まずはターンオーバーのサイクルを正常にすることを目標にしましょう。

 

そのためには、美容皮膚科のケミカルピーリングで肌の再生を促したり、ピーリングを普段のケアに取り入れることが重要になってきます。

 

ただし、強い力でピーリングを行ったりすると、黒ずみの原因になってしまうため、セルフケアは力加減が非常に重要です。

 

プロの場合は、力加減が優しく、決して肌に負担をかけるようなケアをしませんので、セルフケアとの一番の違いと言えます。

 

脇をピーリングする時には、やはり顔の洗顔と同じように、ゴシゴシと力をいれないようにするのが大事です。

 

力を入れるケア方法は、美容のためには良くありません。

ビキニラインの黒ずみの原因は?

下着の摩擦が原因

ビキニラインの黒ずみは、下着の締め付けが原因と指摘されています。

 

ボディメイク用の締め付けのきつい下着や、サイズの合っていない下着を身に着けている人は注意が必要です。

 

ボディメイクの場合は、締め付けがきつくても仕方ありませんが、サイズの合わない下着をつけている人は、気をつければ黒ずみは防げる問題です。

 

定期的に、下着のサイズをちゃんと確認して、サイズに合ったものを身に着けるようにすれば、それだけで黒ずみの問題はかなり改善される可能性があります。

 

また、太り過ぎて下着が小さくなっている場合、ダイエットを検討するのも一つの手段です!

 

やはり肥満の人は、股ずれが起こりやすく、内腿に黒ずみを作りやすいと言う傾向があります。

 

黒ずみを避けたいのであれば、ちゃんと日頃から肥満に気を付け、下着にも気を付ける必要があります。

 

ビキニラインは、やっぱり目立ってしまいますので、一回黒ずみを作ってしまうよりも、やはり予防をすることの方が大事です。

 

黒ずみをとるためには、それこそ数か月の専用クリームの使用が必要になったり、美容皮膚科での手術が必要になりますので、身に着ける衣類については、よく考える必要があります。

 

下着は数か月に1回くらいは、サイズを確認して、もしも小さいようであれば、サイズを買い替えるようにした方が安心です。

 

 

 

生理用ナプキンの摩擦が原因

また、女性の場合は、生理用ナプキンの使用によってもビキニラインの黒ずみが悪化することが多いです。

 

生理用のナプキンを使用していると、どうしてもビキニラインで摩擦が起こりやすいので、刺激を受けた肌がメラニン色素を分泌しやすくなってしまいます。

 

下着や生理用のナプキンによる擦れが、ビキニラインの黒ずみにとっては大敵なのです!

 

黒ずみは体質によって、なりやすい人となりにくい人がいます。

 

もしも下着や生理用のナプキンなどで黒ずみが酷くなっている場合、下着はサイズに合うように気を付けるしか方法がありませんが、生理用ナプキンについては、タンポンに変えてしまうという手段もあります。

 

生理用ナプキンとは違い、直接膣を塞ぐタンポンであれば、ビキニラインの黒ずみは予防できます。

 

ただし、タンポンの使用も、体質によって合わない場合もありますので、慎重になる必要があります。

 

また、タンポンの場合、ビキニラインの黒ずみ予防になる一方で、性交渉の経験がない女性からしたら、非常に使いにくさもあるため、なかなか手が出せない人もいます。

 

タンポンの使い勝手が良いと思える人であれば、タンポンの方がビキニラインに黒ずみがつきにくくなるのでおすすめです。

 

でも、タンポンが合わない場合は、無理してまで使用する必要はありません。

 

黒ずみクリームなどで、お手入れをすることによって、やはり改善していくのが一番安心です。

乳首の黒ずみの原因は?

妊娠や出産の影響

妊娠や出産をすると、女性ホルモンが原因で色素沈着が活発化しやすいのが特徴です。

 

妊娠中に乳首が異常に黒くなり、「何これ!?」と心配になる経験は、誰にでもあります!

 

出産後にも、乳首の色が戻らないのではないかと、憂鬱になってしまいます。

 

乳首が黒くなってしまうと、やはり温泉などの公共の場で裸になるのが、すごく恥ずかしくなってしまいます。

 

これまでは、それほど気にしたことがなかった人でも、妊娠や出産をきっかけに乳首の黒ずみが気になる人は多いです。

 

特に産後は、赤ちゃんの母乳育児で、乳首は強いストレスを受けます!

 

赤ちゃんのためには仕方ないのですが、強い力で乳首を吸うので、当然防御反応から乳首ではメラニン色素が過剰分泌されてしまい、乳首が黒ずみやすくなってしまうのです。

 

母乳育児中は、赤ちゃんの授乳をやめるわけにはいきません。

 

女性の中には、妊娠や出産によって、体の変化が起こることを不安視して、子供を生みたくないっていう人も多いのがわかります。

 

女性は子供を生めば、体の変化が著しいので、やはり努力をして、黒ずみなども戻していく必要があります。

 

乳首の黒ずみケアは、授乳が終了した後でないと、始められないので、卒乳を目途に乳首の黒ずみケアを考えていくようにしましょう。

 

授乳中に黒ずみクリームを塗ってしまうと、間違って赤ちゃんが口に含んでしまう可能性があります。

 

 

 

下着との摩擦や加齢が原因

そして、乳首の黒ずみは、女性ホルモンの影響の他にも、『下着との摩擦』や『加齢』も原因になります。

 

ビキニラインも、下着との摩擦によって黒ずみが起こりやすいのですが、乳首の場合も、下着との摩擦によって、黒ずみがひどくなることがあります。

 

下着はつけてみないとわからないことも多いですが、やはり肌触りの良く、乳首へ刺激を与えない生地で出来ていることが大事です。

 

下着の中には、何回か洗濯すると、繊維がケバケバしてきて、肌にチクチクと刺激を与えるタイプのものがあります。

 

そういう下着を身に着けていると、やはり乳首も影響を受けてしまい、黒ずみの原因になりやすいです。

 

そして、加齢の影響によっても、乳首は黒くなりやすいので、ある程度の年齢になったら、乳首専用の黒ずみクリームで、しっかりお手入れをすることをおススメします。

 

年を取ってからの黒ずみは、ある意味仕方ないものです。

 

出来るかぎり、黒ずみを悪化させないように、ケアをするしか方法がありません。

 

お風呂に入った時には、あまりゴシゴシとこすったりしないように気を付けて、専用のクリームを使って美白と保湿を徹底することが、何よりも大事になってきます。

 

老化によって、肌のターンオーバーが遅れている人は、特に色素沈着をしやすいタイプなので、気を付ける必要があります。

アソコの黒ずみはどうしたらよい?

ハイジニーナやVIO脱毛後に気になるアソコの黒ずみ

エステの脱毛が安価になってきたことにより、以前よりもハイジニーナやVIO脱毛に挑戦する人が、多くなってきました。

 

その結果、脱毛した後のアソコの黒ずみが気になる人が増えているのです。

 

脱毛前は、それほど気にならなかったアソコの黒ずみですが、余計なアンダーヘアがなくなってみると、意外にアソコの黒ずみが目立ってしまい、新たなコンプレックスになりかねないのです!

 

基本的に市販で売っている黒ずみクリームの多くは、ひじやひざや乳首やビキニラインなど、一般的な部分についての使用は認められていますが、アソコの黒ずみについては、対象にしているクリームが実は少ないです!

 

ただし、アソコが黒くなっていると、やはり恋人や夫婦間で夜の営みが行われる時に、目についてしまい、恥かしくなってしまいます。

 

なんとかして、アソコの黒ずみをどうにかしたいと思っている人も多いです。

 

しかし、アソコの黒ずみ対応の商品が少なく、衛生的にもあまり良くない部位ですし、クリーム使用による改善については、限界があります。

 

美白化粧品やクリームなどを使ってみたら、染みてしまい、肌トラブルが起きてしまったと言うケースもあります。

 

それだけに、アソコの黒ずみについては、安易に美白コスメや黒ずみクリームを塗ってしまうのは危険です。

 

対象としている専用商品以外は、使用しないようにしましょう。

 

 

 

小陰唇の縮小手術も!

では、黒ずみクリームなどで改善できないアソコの黒ずみはどうしたら良いのか?

 

一つの方法として、美容クリニックによる小陰唇の縮小手術があります。

 

小陰唇の部分の黒ずみが目立つ場合、小陰唇を小さくする手術をして、黒ずみ部分を正面から見えにくいようにする方法があります。

 

やはりアソコの黒ずみというのは、美白ケアなどではなかなか改善が難しいので、美白をするという解決方法ではなく、小陰唇のサイズを変えて対応すると言う形になってしまいます。

 

正面から見た時に、小陰唇が大きい人は、どうしてもビラビラの部分が目立ち、一緒に黒ずみが気になってしまいます。

 

小陰唇のサイズを小さくすることによって、黒ずみ部分を見えにくくさせるので、気になる人は美容クリニックによる小陰唇の縮小手術について検討してみるのも良いと思います。

 

ハイジニーナやVIO脱毛は、女性にとって、大きなメリットになる部分もありますが、小陰唇の黒ずみが目立ってしまうと言う、デメリットもあります。

 

そのため、小陰唇の縮小手術費用もかかってしまったり、意外にお金がかかります。

 

経済的に余裕がある人は小陰唇の縮小手術も良いですが、経済的に余裕がない場合は、なかなかアソコの黒ずみについて、良い改善策がなく、困ってしまう人も多いので、ハイジニーナやVIO脱毛を検討している人は、黒ずみ対策についても考えておくと良いでしょう。

黒ずみを作らないためのボディケアのポイント

肌のターンオーバーを正常にする

黒ずみを作らないためには、肌のターンオーバーを正常に保つことが大事になってきます。

 

例えメラニン色素の分泌が多く、色素沈着をしたとしても、肌のターンオーバーが正常に行われていれば、早く黒ずみが取れやすくなります。

 

しかし、加齢などによって、肌のターンオーバーが遅くなってしまうと、一度色素沈着してしまった黒ずみが、なかなか取れなくなってしまいます。

 

そのため、黒ずみを解決するのであれば、まずは肌の再生サイクルを保湿をしっかり行うことによってキープするのが大事です。

 

肌のターンオーバーには、保湿ケアが欠かせません。

 

また、古い角質を、しっかり落とさないと、肌がごわごわになってしまい、肌のターンオーバーが滞りやすくなってしまいます。

 

通常、古い角質は、洗顔などで自然と剥がれ落ちるものです。

 

でも、肌質や加齢によって、なかなか古い角質が自然と剥がれ落ちないケースも多いので、そういう場合は、エステや美容クリニックで、ケミカルピーリングなどを行ってもらうのも一つの手段です。

 

ケミカルピーリングを定期的に行うことで、肌の古い角質が剥がれ落ち、肌の再生力を高めてくれます。

 

ケミカルピーリングを使用しない場合は、スクラブなどを利用して、自分でピーリングを行うのもアリです。

 

ただし、ピーリングは力を入れて行ってしまうと、肌を傷つけてしまう原因になってしまいますので、力加減には注意が必要です。

 

 

 

肌に刺激を与えない

そしてもう一つ、黒ずみを作らないためには『肌への刺激』を控えることです。

 

ビキニラインも乳首も、衣類や下着との摩擦が原因が、黒ずみが悪化しやすいので、毎日の生活を見直すことが大事です。

 

黒ずみは毎日知らない間に当たり前の習慣としている行為によって、悪化させている可能性があります。

 

肌と衣類がこすれる部分が、最も黒ずみが起こりやすいので、ちょっと体重が増えてしまった時や、痩せてしまった時には、サイズのしっかりした衣類や下着を身に着けるように注意をしましょう。

 

「ちょっとくらい太っても、またすぐに戻るでしょ」と思っていても、なかなかダイエットが上手く進まず、長期に渡って、サイズの合わないきつい下着を履き続けた結果、黒ずみが出来てしまうケースもあります。

 

きつい下着をつけることは、黒ずみを悪化させる原因と知っていれば、すぐにでも悪習を止めることが出来ますが、きつい下着が黒ずみの原因になっていると、知らない人も多いです。

 

黒ずみが気になり始めた時には、生活習慣を見直して、直接の原因を考えてみることも重要です。

 

黒ずみがデキる原因は、直接の接触が原因になっていることが多いので、肌に触れるものについて、チェックをしてみましょう。

 

生地が肌に合わない場合も、黒ずみの原因になりますので、チクチクしたり、嫌な感覚がある衣類は、あまり身につけないようにしましょう。

定期便でトラブルにならないための心構え

最低継続回数を確認しておくこと!

黒ずみクリームの購入でよく勧められているのが『定期便』です。

 

定期便は通常価格よりも、半額近い割引があるため、黒ずみクリームをリピする人にとっては、非常にお得な方法です。

 

しかし、最近は黒ずみクリームの定期便を巡って、トラブルになるケースも報告されています。

 

定期便のトラブルでよくあるのが、定期便の契約前に継続購入回数など、条件をあんまり見ていないケースです。

 

定期便をいつでも解約できると思っていた人が、1カ月だけで解約を申し入れても、当然継続購入の条件を守っていないのですから、解約できません。

 

しかし中には、『定期便の方が値段が安いので、1カ月だけ注文して、あとはクーリングオフすればいいや』なんて考えている人もいます。

 

しかし、これが大間違いなのです。

 

ネット通販で購入した商品については、『クーリングオフは対象外』なのです。

 

つまり、ネット通販で定期便の契約をしてしまった場合、定期便の条件を満たさなければ、勝手にクーリングオフはできないのです。

 

そのため、中途半端にクーリングオフ制度を知っている人ほど、「1カ月だけ注文してあとはクーリングオフしちゃえ」と、甘い考えから、定期便の契約をしてしまう人が多いです。

 

クーリングオフ制度は、どんな商品でも対象になるわけではありません。

 

定期便は継続購入の条件を満たさないと、解約はできないと、ちゃんと事前に確認しておきましょう。

 

 

 

解約はメールではなく電話!

そして、黒ずみクリームの定期便で、もう一つ問題になるのが『解約方法を理解していない消費者によるトラブル』です。

 

実は定期便は、解約する時『電話連絡』を必要としているケースが多いのです。

 

ところが、電話連絡が面倒で、メールで解約を済ませてしまおうとする、約束を守れない人間がいるのです。

 

電話連絡による解約が必要とされている中、一方的にメールで解約を伝えるだけでは、十分な対応とは言えないのです。

 

忙しく、なかなか営業時間内に、電話で解約を伝えることが難しい人もいると思いますが、やはり解約方法に電話が指定されている以上、電話で連絡をしないと、簡単には解約ができないのです。

 

もしも解約の電話が出来ないのであれば、最初から定期便での契約をしないことをおススメします。

 

定期便には、細かい条件があったり、解約には電話連絡が必要になるなど、色々面倒なこともあります。

 

契約する時には、ネットで簡単に契約を出来ますが、解約をする時には、単品購入よりも大変なので、ちゃんと解約をする方法についても、事前に確認しておく必要があります。

 

ネットで簡単に契約がデキるからと言って、簡単に契約してしまうと、後になってから面倒なトラブルに巻き込まれてしまいますので、契約をする時には、ちゃんと条件をチェックして、指定された方法で解約手続きをするようにしましょう。

肌の弱い人にとって心強い『返金保証』

肌に合わなければ開封済みでも可能!

ネット通販の黒ずみクリームは、開封済みでも返金・返品ができるので非常に安心感があります。

 

肌が弱く、荒れやすい人にとっては、ネット通販で黒ずみクリームを購入した方が、失敗のリスクが低くなるのでおすすめです。

 

通常、ドラッグストアなどで売っている黒ずみクリームは、開封してしまったら返金や返品が出来ないケースが多いです。

 

でも、返金保証がついている黒ずみクリームが多い、ネット通販の場合は、一度開封して肌に合わなくても損をしないで済むので、安心して挑戦できます。

 

敏感肌の人なんかは、やっぱり肌荒れしてしまうので、高い化粧品やコスメを購入する時って、ドキドキですよね!

 

「肌荒れしたらどうしよう」と思うと、なかなか高級な黒ずみクリームは手が出しにくくなってしまいます。

 

黒ずみクリームは、1本5千円〜1万円程度するものも多いので、失敗した時は、ショックが大きいです!

 

出来るだけ失敗したくないから、結局は安い黒ずみクリームにしてしまうけど、それもなかなか結果が出ず。

 

本当は高い黒ずみクリームを使ってみたいけど、試せないでいる人もいますね。

 

そういう人は、ネット通販の返金保証がついている黒ずみクリームを使用してみることをおススメします。

 

返金保証がついている黒ずみクリームだったら、少し高級な商品であっても、勇気が出ます。

 

 

 

返金には電話による手続きが必要

しかし、黒ずみクリームの返金保証を利用するには、色々な条件があります。

 

黒ずみクリームの返金保証で、よく必要となるのは『電話による解約の申し込み』『使用済み商品・商品の箱・納品書の3点セットでの返品』です。

 

こうした返金保証を行うために必要とされている手続きを踏まないと、ちゃんと返金保証は適用されません。

 

電話で連絡をしただけとか、3点セットを返品しただけでは、返金保証は対応してくれません。

 

自分にとって、面倒な手続きは省略したいという気持ちもわかりますが、返金制度を利用するのであれば、その手続きに従わないといけません。

 

そして、返金保証を考えている人は、絶対に商品の箱や納品書を捨てないように注意をしましょう!

 

購入した時点のまま保管している人は、返金保証を申し込む時も大丈夫ですが、納品書などを捨ててしまうと、後で返金されなくなってしまいます。

 

商品は開封済みでも、使用済みでもOKです。

 

ただし、パッケージが必要になるので、箱もちゃんと保管しておきましょう。

 

到着したら、すぐに商品以外を捨ててしまう癖がある人は、気を付けないといけません。

 

返金保証に必要になる条件は、黒ずみクリームを購入する時に、ちゃんと確認しておきましょう。

 

事前にわかっていないと、返金保証を受けるために必要なものを誤って捨ててしまう可能性があります。